読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WindowsでVagrantからVirtualBoxのCentOSを動かす

CentOS VirtualBox Vagrant

WindowsVagrantからVirtualBoxCentOSを動かすメモです

Vagrantって?

Vagrantは前回やった仮想マシンの設定、OSのインストール、設定を簡単に構築してくれるものです

Vagrantのダウンロード

www.vagrantup.com

からダウンロードする(掲載時の最新は1.9.1)

使っているPCののOSをから対応するリンクを選択する

今回はWindowsを選択する

f:id:nyan4:20170118154647p:plain

Vagrantのインストール

ダウンロードしたファイルを実行してインストールを開始する

「Next」を選択して次へ移る

f:id:nyan4:20170118154818p:plain

ライセンス契約の同意にチェックを入れて「Next」を選択して次へ移る

f:id:nyan4:20170118154837p:plain

インストール場所の設定

特に指定がなければそのまま「Next」を選択して次へ移る

f:id:nyan4:20170118154915p:plain

「Install」を選択するとインストールが行われる

f:id:nyan4:20170118154932p:plain

「Finish」を選択してインストールが完了する

f:id:nyan4:20170118155008p:plain

「Yes」を選択して再起動を行う

作業中なら「No」を選択で

f:id:nyan4:20170118155040p:plain

Vagrantの確認

コマンドプロンプトから次を実行

vagrant -v
Vagrant 1.9.1  #インストールしたバージョンが表示される

Vagrantの実行

コマンドプロンプトで任意のフォルダに移動する

Vagrantファイルを作ってVagrant環境を初期化します

次のコマンドでCentOS7のVagrantファイルを作ります

vagrant init centos/7

次のコマンドでVagrant環境を作ります

vagrant up

問題なければこれでよいのですが、

"rsync" could not be found on your PATH. Make sure that rsync is properly installed on your system and available on the PATH.

と出る場合はVagrantfileを編集する必要がある。

参考:Updated CentOS Vagrant Images Available (v1611.01) – Seven.CentOS.org

Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "centos/7"
 config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type: "virtualbox" #この行を追加
end

Vagrantfileを更新して再度vagrant upを実行

SSHで接続

windowsSSHクライアントがないので

あたりを使うことになる

今回はTeratermを使う

ja.osdn.net からインストール、実行する

ホストIPとポート番号を指定する

ホスト:127.0.0.1
ポート:2222

f:id:nyan4:20170118160755p:plain

ユーザー名とパスフレーズ指定して「OK」でできたはずなのだがパスワード認証を拒否してるようなので秘密鍵を指定する

ユーザー名:vagrant
パスフレーズ:vagrant #今回は無し
秘密鍵: .vagrant/machines/default/virtualbox/private_key

f:id:nyan4:20170118161322p:plain

ログインできたら成功です

f:id:nyan4:20170118160934p:plain