読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOSにhttpdを入れてテストページを表示する

CentOS Vagrant VirtualBox

Vagrantから動かしたCentOShttpdをいれてテストページを表示するまでのメモです

Vagrantfileの編集

まずVagrantfileを編集します

次の行のコメント(#)をはずします

はずしたらvagrant upで起動させます

# config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
↓
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

httpdのインストール

次のコマンドでhttpdをインストールします

Completeと表示されればインストールは完了です

sudo yum -y install httpd

httpdの起動

インストールしたhttpdを起動します

systemctl start httpd.service

httpdの 停止

systemctl stop httpd.service

httpdの状態の確認

Active: active (running) が表示されれば動いてる状態です

systemctl status httpd.service

httpd自動起動の設定

必要ならCentOSを起動させたのと同時にhttpdが起動するようにします。

systemctl enable httpd.service

httpd自動起動の設定の確認

STATEがenabledなら自動起動有効、disabledなら自動起動無効、staticなら単体では有効/無効にできないものになります

enableになっていれば自動起動が有効になってます

systemctl list-unit-files | grep httpd

テストページの確認

ゲスト(CentOS)のhttpdを起動したあとホスト(winsows)のブラウザから次にアクセスします

127.0.0.1:8080

テストページが表示されれば成功です

f:id:nyan4:20170123182835p:plain


次はPHP入れて動かすまでやりたいです