読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOSにPHPをいれる

CentOS PHP

気づいたら一週間近く立ってたよ・・・

このエントリーはCentOSPHPをインストールするメモです

PHPをインストールする

PHPを使えるようにするためにPHPをインストールします

コマンドは次になります

yum -y install php

インストールされてか確認

[vagrant@localhost ~]$ php -v
PHP 5.4.16 (cli) (built: Nov  6 2016 00:29:02)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

インストールされました。

5.4.xでいいという人はこれでインストールは完了です

だけど最新は5.6.x、7.xで新しいのを使いたいって場合は追加手順が必要になります

yumリポジトリを追加する

EPELとRemiリポジトリを追加します

PHP7.xインストールするのに必要なのはremiリポジトリだからepel必要ないじゃんって飛ばしてやったら失敗した

remi入れるのにepelが必要ってことだった

なのでepelをいれてからremiをいれます

# epelのインストール
yum -y install epel-release
# remiのインストール
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHPがインストール済みなら一旦けしてインストールし直す

次のコマンドで古いPHP関連のものを全部けします

# 古いPHP関連を削除
yum remove php-*
# phpのインストール
yum -y install --enablerepo=remi,remi-php70 php

必要な機能があるなら追加で php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

念のため確認

[vagrant@localhost ~]$ php -v
PHP 7.0.15 (cli) (built: Jan 17 2017 17:10:58) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

7.0.15がインストールされました

ページを表示させる

確認ページのファイルを作ります

cd /var/www/html/
vi phpinfo.php
<?php
phpinfo();
?>

とhtml内にphpinfo.phpファイルを作り

内容をphpinfo();を呼び出す処理を書いてそれを表示するもの

httpdを再起動させます。

systemclt restart httpd

127.0.0.1:8080/phpinfo.phpにアクセスします

php情報が表示されたら成功です

f:id:nyan4:20170202210119p:plain