TwitterAPI でツイートが省略されてしまう

TwitterAPI でツイートが省略されてしまう

いまごろですがTwitterAPIでツイートを取得する~をためしていたのですが。

長いツイートの場合最後が省略されて全文取得できないことで悩んでました。

どうやら公式での更新で115文字目まで表示でそれ以降は省略されてしまうようです。

togetter.com

Upcoming changes to Tweets — Twitter Developers

調べてみたら半年以上前のことでしたね。

で、省略されずに表示する方法。

TwitterOAuthを使っているのですが

$tweets = $connection->get("search/tweets", [
  "q" => '"#twitter"',
  "lang" => "ja",
  "count" => 1,
  "result_type" => "recent",
  "tweet_mode" => "extended" #ここ必要
]);

getでoptionに"tweet_mode" => "extended" を追加します。

すると取得データにfull_textが追加されるので、
これを使うことで全テキストを表示することが出来ます。

使う側としては全テキストがほしいのにデフォルトで使えないのは躓きそうですね。

php7.0のmbstringをインストールする

お久しぶりです。

自分が上げる記事なんてネットの海にはいくつもあるから書く必要なんてないよなー
とか考えてたら2ヶ月もたってました。

ひとでの人だったりくまのひとだったりそんなこと考えるなーってブログあがってて
読んだりもしました、 でもまぁ考えちゃんですよね。

2ヶ月さぼってた間もちょこちょこPV増えててちょっと嬉しかったりもします。

とりあえず続けることが大事かなかなーということで
小さい記事ですが2ヶ月ぶりのPHPメモです。

yumでinstall可能なmbstringの表示コマンド

installが可能なmbstringを確認する

#yum list | grep mbstring

remiのバージョン忘れたときのコマンド

#yum info --enablerepo=remi php

どのremiでinstallすればいいかわからなくなったときに確認するコマンド。
日を置くといくつだったか忘れちゃうので確認する方法も。
大体はPHPのバージョンと同じだとおもう

対応するremiを指定してmbstringをinstallする

#sudo yum -y install --enablerepo=remi-php70 php-mbstring

installしたらhttpdの再起動を行う

#sudo systemctl restart httpd

JavaScriptとjQueryの簡単な操作

ちょっとしたものを書くとき毎回どうやるっけ?ってなるのでメモ

jQueryを使うための初期設定

下のどれか一つだけでいい

jQueryのCDNからのパス指定

<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.2.4.min.js"></script>

googleのCDNからのパス指定

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js"></script>

microsoftのCDNからのパス指定

<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jQuery/jquery-2.2.4.min.js"></script>

JavaScriptjQueryの簡単な操作

JavaScriptでのid,class,テキストの操作
こっちはJavaScriptjQueryがよくごっちゃになるのでメモ
JavaScriptでgetElementById(“#div-**”)とかやってうまくいかず、あれ?ってなる

HTML

<div id="div-id" class="div-class">hoge</div>
<input id="input-id" class="input-class" value="input-value">
<textarea id="textarea-id" class="textarea-class">piyo</textarea>

JavaScript

window.onload = function(){
  // JavaScript
  // divタグのテキストを取りたい
  // id属性の場合
  var text1 = document.getElementById("div-id").textContent;
  // class属性の場合
  var text2 = document.getElementsByClassName("div-class")[0].textContent

  //divタグのテキストに渡したい
  // id属性の場合
  document.getElementById("div-id").textContent = text1;
  // class属性の場合
  document.getElementsByClassName("div-class")[0].textContent = text2


  // inputタグのvalueを取りたい
  // id属性の場合
  var value1 = document.getElementById("input-id").value;
  // class属性の場合
  var value2 = document.getElementsByClassName("input-class")[0].value;

  // inputタグのvalueに渡したい
  // id属性の場合
  document.getElementById("input-id").value = value1;
  // class属性の場合
  document.getElementsByClassName("input-class")[0].value = value2;


  // textareaのテキストを取りたい
  // id属性の場合
  var textarea1 = document.getElementById("textarea-id").value;
  // class属性の場合
  var textarea2 = document.getElementsByClassName("textarea-class")[0].value;

  // textareaのテキストに渡したい
  // id属性の場合
  document.getElementById("textarea-id").value = value1;
  // class属性の場合
  document.getElementsByClassName("textarea-class")[0].value = value2;
}

jQuery

$(function(){
  // jQuery
  // divタグのテキストを取りたい
  // id属性の場合
  var text1 = $("#div-id").text();
  // class属性の場合
  var text2 = $(".div-class").text();

  // divタグのテキストに渡したい
  // id属性の場合
  $("#div-id").text(text1);
  // class属性の場合
  $(".div-class").text(text2); // 同じclass属性すべてに渡す
  $(".div-class").eq(0).text(text2); // 1番目のclass属性に渡す(0番目から)
  $(".div-class:nth-child(1)").text(text2); // 1番目のclass属性に渡す(1番目から)


  // inputのvalueを取りたい
  // id属性の場合
  var value1 = $("#input-id").val();
  // class属性の場合
  var value2 = $(".input-class").val();

  // inputのvalueに渡したい
  // id属性の場合
  $("#input-id").val(value1);
  // class属性の場合
  $(".input-class").val(value2);


  // テキストエリアのテキストを取得したい
  // id属性の場合
  var textarea1 = $("#textarea-id").val();
  // class属性の場合
  var textarea2 = $(".textarea-class").val();

  // テキストエリアのテキストに渡したい
  // id属性の場合
  $("#textarea-id").val(textarea1);
  // class属性の場合
  $(".textarea-class").val(textarea2);
});

SublimeTextにTrailingSpacesをいれる

sublime textを使っていて全角スペースが入っていたのに気づかず時間を無駄にしたので
全角スペースがわかるようにする方法を探してみました。
文字サイズ(幅)が半角、全角どっちも同じぐらいで気づきにくいんですよね。

Trailing Spacesをいれることで全角スペースを目立たせる事ができます。

Trailing Spacesのインストール

sublimetextのPackage Control:Install PackageからTrailing Spacesをインストールします。

設定ファイルを編集する

preferences > Package Settings > Trailing Spaces > Setting - User

を開いて

{
    "trailing_spaces_regexp": "[ ]+"
}

を追加すると全角スペースにハイライトがはいってわかりやすくなります。

おまけ

全角英数字もぱっ見わかりずらいから追加しました。(+おまけでタブも追加)

{
    "trailing_spaces_regexp": "[ 0-9A-Za-z]|[ \t]+"
}

PHP7でGDを使う

ネットサーフィンしていたらPHPで画像を表示を試してるHPがあったので自分も試してみた

毎回、yumの仕方を探してる・・・

また、あちこちさがさないで済むようにメモしておく

GDのインストール

[vagrant@localhost ~]$ sudo yum -y install php-gd.x86_64 --enablerepo=remi-php70
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * remi-php70: mirrors.mediatemple.net
 * remi-safe: mirrors.mediatemple.net
 * updates: ftp.riken.jp
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package php-gd.x86_64 0:7.0.18-1.el7.remi will be installed
--> Processing Dependency: gd-last(x86-64) >= 2.1.1 for package: php-gd-7.0.18-1.el7.remi.x86_64
--> Processing Dependency: libgd.so.3()(64bit) for package: php-gd-7.0.18-1.el7.remi.x86_64
--> Running transaction check
---> Package gd-last.x86_64 0:2.2.4-1.el7.remi will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

==============================================================================================================================================================
 Package                           Arch                             Version                                        Repository                            Size
==============================================================================================================================================================
Installing:
 php-gd                            x86_64                           7.0.18-1.el7.remi                              remi-php70                            69 k
Installing for dependencies:
 gd-last                           x86_64                           2.2.4-1.el7.remi                               remi-safe                            131 k

Transaction Summary
==============================================================================================================================================================
Install  1 Package (+1 Dependent package)

Total download size: 200 k
Installed size: 606 k
Downloading packages:
(1/2): php-gd-7.0.18-1.el7.remi.x86_64.rpm                                                                                             |  69 kB  00:00:00
(2/2): gd-last-2.2.4-1.el7.remi.x86_64.rpm                                                                                             | 131 kB  00:00:00
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total                                                                                                                         301 kB/s | 200 kB  00:00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  Installing : gd-last-2.2.4-1.el7.remi.x86_64                                                                                                            1/2
  Installing : php-gd-7.0.18-1.el7.remi.x86_64                                                                                                            2/2
  Verifying  : php-gd-7.0.18-1.el7.remi.x86_64                                                                                                            1/2
  Verifying  : gd-last-2.2.4-1.el7.remi.x86_64                                                                                                            2/2

Installed:
  php-gd.x86_64 0:7.0.18-1.el7.remi

Dependency Installed:
  gd-last.x86_64 0:2.2.4-1.el7.remi

Complete!

インストールしたらhttpdを再起動させる

[vagrant@localhost ~]$sudo systemctl restart httpd

GDのインストールの確認

[vagrant@localhost ~]$ yum list installed | grep gd
gd-last.x86_64                   2.2.4-1.el7.remi               @remi-safe
gdbm.x86_64                      1.10-8.el7                     @anaconda
php-gd.x86_64                    7.0.18-1.el7.remi              @remi-php70

phpinfoでの確認

GD SupportがenableになっていればOK

f:id:nyan4:20170424195247p:plain

簡単なサンプルを試す

imagecreatetruecolorで高さ、幅を指定してイメージの作成をする

imagecolorallocateで上で作ったイメージと色を指定して色IDを取得する

ImageFilledRectangleで指定した範囲を色IDで塗りつぶす

<?php
    $img = imagecreatetruecolor(100,100);

    $white = imagecolorallocate($img, 0xF0, 0xF0, 0xF0);
    ImageFilledRectangle($img, 10,10, 20,20, $white);

    header('Content-type: image/png');
    imagepng($img);
    imagedestroy($img);
?>

うまく表示できれば黒色の四角の中に10,10の白色の四角が表示される

iPhone5sがお亡くなりになる

iPhoneが風前の灯火

3年使ってたiPhone5sがお亡くなりになる寸前に。

普通に使ってたら2年ぐらい持つのかな。

3年なら結構もったほうだろうか。

症状

症状はよくある充電ケーブル挿しても全然充電されないやつ。

充電ケーブル挿しっぱなしでなんとか持ってる感じ。

バックアップを取る

iPhoneのバックアップはiTunesで行うとのこと

windowsだけどiTunesいれてバックアップを取る

復旧パスワードが分からない

バックアップ取ったはいいけど、パスワードが違うと言われ復旧できない。

いれたおぼえないんだけどな

手打ちでデータ移行する

仕方なく手打ちでデータを移してたがついには電源が入らない状態になり、データ移行は間に合わず。

修理に出す

修理でもAppleとかキャリア各社だとデータが消えてしまう。

なので携帯修理店でバッテリーの修理を頼むことにした。

画面を軽く押すと歪むので「バッテリーが膨張してますねー」とのこと

30分程度でバッテリー交換がおわった。データも大丈夫だった。

料金は5,000円程度でキャリア修理だと9,400円だったので安く済んでよかった。

直ってない?

バッテリー交換してもらったあと充電できない状態が続く(充電されてるマークはでてる)

あーハズレ引いたかなと。

保証期間中なのでもう一度修理店にいって調べてもらったらコネクタ部分も壊れたとのこと。

こちらの修理も5,000円程度、Apple修理だと本体修理で30,000円なのでこちらも修理おねがいする。

受取時にホームボタンも壊れたらしいけど、店側がもってくれた。

バッテリー、コネクタ修理で以前と同じように使えるようになりました。

使えるようになったけど流石にそろそろ買い替え時かな

まとめ

  • 慌ててバックアップしても遅いのでこまめにする
  • バックアップ復旧のパスワードをわすれないようにする。(再設定できない)
    • パスワードおそらく購入時に設定したのかな、3年もたったら忘れちゃうからそのぐらい長く使うものに記録したほうがよさそう
  • 充電マークでてても充電できないのはバッテリーだけじゃなくコネクタの場合もある。

PHPでMySQLのTABLEデータを表示させる

以前MySQLを入れて終わってたので簡単なサンプルのメモです。

  1. MySQLにテーブルを作ってデータを入れる
  2. PHPMySQLのDBにアクセスする
  3. MySQLのDBデータを取得する
  4. ブラウザに表示する

ここまで出来たら第一歩でしょうか。

MySQLにテーブルを作ってデータを入れる

MySQLを入れただけなのでまだ空っぽです。
なので仮データを入れることにします。

どっかのサイトから参考にユーザーテーブルを作ります。

CREATE TABLE user (
    user_id          CHAR(128)             PRIMARY KEY           COMMENT 'ユーザーID',
    name             CHAR(128)                                   COMMENT '名前',
    age              INT(3)                                      COMMENT '年齢',
    reg_dt           DATETIME              NOT NULL              COMMENT '登録日',
    reg_user         VARCHAR(128)          NOT NULL              COMMENT '登録者',
    mod_dt           DATETIME                                    COMMENT '更新日',
    mod_user         VARCHAR(128)                                COMMENT '更新者',
    del_date         DATETIME                                    COMMENT '削除日',
    del_user         VARCHAR(128)                                COMMENT '削除者',
    del_flg          TINYINT(1)   UNSIGNED NOT NULL DEFAULT 0    COMMENT '削除フラグ'
)
ENGINE=InnoDB
DEFAULT CHARSET=utf8
COMMENT='ユーザー';

テーブルを作ったらデータを入れる

INSERT INTO `user` 
(`user_id`,`name`, `age`, `reg_dt`, `reg_user`, `mod_dt`, `mod_user`, `del_date`, `del_user`, `del_flg`) 
VALUES 
('1','user_1', 10, '2000-01-01 00:00:00','root',NULL,NULL,NULL,NULL,0);

PHPMySQLのDBにアクセスする

PDOでアクセスしてみる。
testDBは最初からあったのを使用。
ない場合は作っとく

$dbname = 'test';        // データベース名
$host = 'localhost';        // ホスト
$user = 'root';         // mysqlに接続するユーザー
$password = 'rLw3>lfut?1q';    // パスワード
$dns = 'mysql:dbname='.$dbname.';host='.$host.';charset=utf8';

try {
    $dbh = new PDO($dns, $user, $password,
        array(
            PDO::ATTR_ERRMODE => PDO::ERRMODE_EXCEPTION)
    );
    if ($dbh == null) {
        print_r('接続失敗').PHP_EOL;
    } else {
        print_r('接続成功').PHP_EOL;
    }
} catch(PDOException $e) {
    echo('Connection failed:'.$e->getMessage());
    die();
}

MySQLのDBデータを取得する

show tableでテーブル名を取得して
そのテーブル名を使ってSELECT文を作ってテーブルデータを取得する

$sql = 'SHOW TABLES';
$stmt = $dbh->query($sql);

while ($result = $stmt->fetch(PDO::FETCH_NUM)){
    $table_names[] = $result[0];
}

$table_data = array();
foreach ($table_names as $key => $val) {
    $sql2 = "SELECT * FROM $val;";
    $stmt2 = $dbh->query($sql2);
    $table_data[$val] = array();
    while ($result2 = $stmt2->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){
        foreach ($result2 as $key2 => $val2) {
            $table_data[$val][$key2] = $val2;
        }
    }
}

ブラウザに表示する

テーブルデータをテーブルで表示

foreach ($table_data as $key => $val) {
    echo "<h1>$key</h1>";
    if (empty($val)) {
        continue;
    }
    echo "<table border=1 style=border-collapse:collapse;>";
    echo "<tr>";
    foreach ($table_data[$key] as $key2 => $val2) {
    echo "<th>";
    echo $key2;
    echo "</th>";
    }
    echo "</tr>";
    echo "<tr>";
    foreach ($table_data[$key] as $key2 => $val2) {
    echo "<td>";
    echo $val2;
    echo "</td>";
    }
    echo "</tr>";
    echo "</table>";
}

表示は下のような
見出しにテーブル名でテーブル表示でテーブルデータを表示することができた

user

user_idnameagereg_dtreg_usermod_dtmod_userdel_datedel_userdel_flg
1user_1102000-01-01 00:00:00root0

多分テーブルが増えても全取得できてると思う

とりあえず、簡単な表示はできました。

ps. <pre>でテーブル囲ったらテーブルの見出しが真っ白で見えないね(汗